HOME > ヘルスコート

ヘルスコート

ヘルスコートだけが持つ8つの高機能

つらかった花粉症が大幅に改善!!病院でも治らなかった体内の湿疹が快方へ!!血液サラサラ効果で高かった血圧が下がった!!
【1】結露を防ぎ、快適環境!
【2】カビやダニの発生を抑制!喘息やアトピー対策!
【3】化学物質や悪臭を吸着分解!室内の空気をきれいに!
【4】室内の空気質を改善!森林浴効果!
【5】遠赤外線効果で省エネ!
【6】有害な電磁波をカット!
【7】野菜や果物をフレッシュに保ちます。
【8】様々な素材に塗布でき、廃棄処理も安心!

木炭は塗って活かす。

木炭を液状化し塗料に・・・
炭は古くからお寺や神社の下に敷き込まれるなど、
吸湿・防腐に利用されてきました。
化学物質の有毒ガスや悪臭を吸着して空気を浄化します。
また、電磁波を吸収し、害虫の忌避作用もあります。
さらに遠赤外線効果の相乗作用で室内の温度や湿度を快適にコントロール。
木炭の数々の効果は改めて実証され、さまざまな用途で使用されています。
では、この木炭をもっと有効に取り入れる方法をご存知でしょうか?
私たちは、木炭を液状化して室内の壁・天井へ塗って活かす
このヘルスコートをお勧めします。
この塗る木炭によって住まいの環境が変われば、
長年苦しめられてきた不調が改善されるかもしれません。

さまざまな場所で使われています。

ヘルスコートは室内の臭いやシックハウス対策、電磁波対策、湿気対策などで
一般住宅、公共施設、学校、病院、飲食店などさまざまな空間で採用されています。


寝室・子ども部屋・リビング・病室・お手洗い・介護施設・保育園・幼稚園・学校・ホテル客室・ペットショップ・美容室・喫煙室・エステ・飲食店・カラオケ施設

ヘルスコートの特徴をご紹介します。

臭い・化学物質に関する吸着特性を示す図
臭い・化学物質に関する吸着特性
部屋やたばこの臭いの原因といわれているアンモニア・アセトアルデヒド・硫化水素や化学物質の代表でもあるトルエン・キシレン・スチレンなどに対するヘルスコートの吸着特性をデシケーター法によって調べた結果が図1、図2となります。各試験結果により、各原因物質の濃度が時間経過とともに減少していることから、ヘルスコートはこれらの臭い(化学物質)を吸着除去する力があることが検証されています。また、―般的な吸着効果だけでのものであれば、飽和状態が必ず現れますが、ヘルスコートはホルムアルデヒドおよびトルエンに対して吸着効果が持続することが図3の小型チャンバー法による試験によって実証されています。さらに、吸着された物質(ホルムアルデヒド)はヘルスコートの酸化・還元力を利用して分解することが確認されています。

調湿特性を示す図
調湿特性
ヘルスコートは多孔質である木炭を原料としているため、室内に水分が多い状態(湿度が高い状態)であれば、その孔の中に水分子を取り入れることで、室内の湿度が低下します。逆に室内の湿度が低い場合、木炭の孔の中に保持されていた水分子が、外に飛び出だすため室内の湿度が上昇します。この特性によって室内湿度を快適に保つことができます。ヘルスコートは約15g/㎥程度の水分吸放出性能があります。

電磁波特性を示す図
電磁波特性
ヘルスコートに使用されている木炭は高湿度で焼成されているため、電気的に優れた特性(半導体特性)を持っています。この高温で焼成された木炭を原料として使用することで、ヘルスコートは電気を通しやすい半導体特性を持つようになります。ヘルスコートを塗装した塗膜の表面の電気抵抗値をテスターを用いて調べるとヘルスコートは電気を通す半導体特性を持つ塗料であることが分かります。
右の写真(写真1・写真2)は、電磁波発生源として蛍光灯を対象としたときの電磁波(電界)の実験です。この蛍光灯の前にヘルスコートを塗装した板をかざすことで、蛍光灯の電磁波が減少していることが分かります。

ヘルスコートの実験データをご紹介します。

ヘルスコートの実験データ